3児のワーキングマザーAFPの修行日誌
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
久しぶりのキャッシュフロー作成
本当に久しぶりに、キャッシュフローの作成を依頼されました。
独身の40代男性。正社員として働いていらっしゃいます。
このまま今の会社に勤め続けてもいいものの、ちょっと思うところがあって独立も考えているとのこと...

作成後、面談させていただいて、現状と、今後考えておくべき事項などをお話しさせていただきました。
「現実がきちんと把握できてよかったです。安心しました!
ありがとうございました!」
と言っていただける時が一番嬉しい時です。
こちらこそ、勉強する機会を頂きましてありがとうございました。

それにしても...
今回依頼されたお客様は、貯金もしっかりなさっていて、さらに大きな借金もなく、素晴らしいマネーマネジメントでした。
こうなると、将来の独立にむけて通っているビジネススクールのお金も全然負担には見えず、むしろご自身へのよい投資にしか見えません。
ご立派です!




翻弄されるライフプラン | comments(0)
厚生年金基金の代行返上
長年、一つの組織に勤めているわけですが、先日びっくりしたことが...

「うちの厚生年金基金、代行返上するってよ。
説明会があるから、参加して」

代行返上...

国が支払うべき厚生年金部分を基金が代行して積み立てていたものを、国に返上するために「代行返上」と呼ばれます。
単に国が代わりに支払ってくれるのであれば問題はないのですが、代行返上した厚生年金基金は解散したものとみなされ、他の企業年金の形式に移行しなければならなくなります。

その際に一番気になるのは、移行後も今の基金が運用してきた利率を維持できるのか、ということ。

...大抵は下がるようです...

この辺りは、近日開催される説明会を待つこととしましょう...

何よりも、
「とうとう、うちもかー...」
ということ。

日々の生活が、全て勉強になりますです、はい...


JUGEMテーマ:年金



翻弄されるライフプラン | comments(0)
社員向けのファイナンシャル・プランニング・せみなー
ほぼ1年ぶりに、またまた若手社員向けにファイナンシャル・プランニング・セミナーの講師を務めました。
昨年の出来に自信がなかったので、今年はお話がないかも...と思っていたのですが、ありがたいことです。

昨年のアンケートのコメントを基に、今年はほんの少し「投資の初歩的知識」についても話をしてみました。

ただ、ちょっと準備が不十分だったかな...
今年は60点くらいの出来です。
新しい知識の習得はおろそかにしてはいけませんね!
反省です。

来年もお声がかかるといいなぁ...


JUGEMテーマ:お仕事



修行!修行! | comments(0)
意志あるお金の流通法 〜 NPOとは何か ファンドレックス イノウエヨシオ氏講演を聞いて
3月13日に、「国際協力団体セミナーin中部」にひょんなことで参加し、ファンドレックスのイノウエヨシオさんの講演を聞く機会がありました。

テーマは、「ファンドレイジングのノウハウと成功事例の紹介」

で、「いかにお金を集めるか」という話なのかな〜と思って聞いていたのですが、まず、「NPOと一般企業との違いはなんなのか、そこでの価値はなにか」という話があり、NPOはミッションに対する思いを働きかけて支援してもらうという活動なくしては成り立たない、そこが企業との一番の違いであるということを聞き、新鮮な驚き。

また、団体の宣伝パンフレットやチラシなどのコミュニケーションツールについて、「ACTION」というフレームワークで分析/検証してみるというワークショップも実施。
これで感じたのは、やっぱり、「我々の活動で『何が』『どう変わるか』が語れないと、説得力がない」という事実。
人生でも仕事でもなんでも、「変化をつくる」「違いをつくる」って、意識し続けなければいけないのだなぁ、と実感しました。

NPOのステークホルダーにはどんな人がいるのか、ということが整理されたパワーポイント資料も私にとってはアタマの整理にとても役立つ。
NPOを運営しようと思っているわけではありませんが、ステークホルダーって、それぞれの立場・団体・組織によって見方や関わり方が全然異なってくるんですね。それをそれぞれの立場で整理すること、それぞれの人たちにどのように働きかけるのかを考えることって、とっても大切だと気付きました。

こういう外界からの刺激からかけ離れた生活をしていましたが、やっぱり外に出ていろいろな人の話を聞くことって大切ですねぇ…
日帰りの名古屋出張はなかなか体に堪えましたが、有意義な一日でした!

JUGEMテーマ:NPO・NGO



意志あるお金の流通法 | comments(0)
人の強みを活かす仕事を「作り出す」〜株式会社アイエスエフネット
先日、株式会社アイエスエフネットの方とお仕事でお会いしました。

まったく知らなかったのですが、この会社、障害者雇用を世界中で実現しようとされている会社で、CSRの試みでもかなり有名なところだった模様。

お話をうかがっていて、私は本当に感銘を受けてしまいました。

人を採用するときには、履歴書ではなく「やる気」「熱意」を見る。
どんな人にも「強み」がある。その強みを活かせる職・雇用を「作り出す」。

で、実際に、雇用を増やしながらも、利益も上げていらっしゃるのですよね…

一見するとITの会社のように見えるのですが、お話を聞いていると、創業はITだったものの、「人に合った雇用を作り出す」ことを実践していくにつれて、様々な事業を行う巨大な会社に…!!
なので、正直なところ、「何をしている会社」なのかを語るのが難しい印象です。

よく、ビジネスをやるには「コア」となる事業がなければいけないといわれます。
アイエスエフネットさんは、コア事業はITだったのでしょうが、それが拡大して、今やそれはOne of Themになったということなのでしょうか。
そして、それであっても十分利益を出すこともできるのだ、という、生きる事例を見られて、うれしい喜びでした。
きっと「何をしている会社ですか?」と問われたときに、事業ではなく、「人を活かす社会と環境を作っています」という回答がふさわしい会社なのでしょう。

こういう試みをしている会社がもっと増えると良いなぁ…




どれにもあてはまらない話 | comments(0)
年金財形と積立年金保険
先日、ご相談を受けた件…
といっても、「ちょっと教えて欲しいんだけど…」ということで寄せられたのが、

「年金財形と積立年金保険って、どっちがおトクに貯められますか?」

というもの。

何がおトクと考えるかによって答えは違いますが、一番の違いは、

年金財形は積立額の利息に対して非課税になる(上限あり)が、
積立年金保険は支払った保険料が年金保険料控除の対象となる、

というところかと。
それが、具体的にいくらくらい違うのか、は、いくらくらいを財形や保険にまわすつもりなのか、
ケースによって計算してみないとわかりませんが、
多分、今金利が非常に低い中、その利息が非課税になることよりは、
年金保険料控除額のほうが若干おトクな感じがしますね。

これ、勉強になりました。
落ち着いて考えればさほど難しくないのですが、
試験勉強的なアタマのままでいると、こういう比較ってすることがないからです。
通常比較するのは、財形は財形制度の中だけ。つまり、住宅財形・年金財形・一般財形の違いはわかる。
年金保険だったら、一般の年金保険の善し悪しや、各社の販売している商品の比較、とか。

なので、この問いは新鮮な視点でした。
(いや、プロのFPでガンガン相談を受けている人にとっては、全然当たり前の比較なのでしょうが、
少なくとも私にとっては興味深い問いでした)

こういう試験勉強とは違う、より生活に密着した視点で物事を見られるのが、相談や質問に答える醍醐味ですね。
すごく勉強になりました。

JUGEMテーマ:マネー



翻弄されるライフプラン | comments(0)
実は好評だった?「20代のためのファイナンシャルプランセミナー」
金曜日、今他社へ出向中の方が、会社に来たついでにわざわざ私のところに来てくれて、
「先月のセミナー資料もらって、出向先でも若手の人と勉強会してるんです!」
と言ってくれた!

しかも、出向先の方が、
「会社の職員がこういうセミナー講師ができるってのがすごい」
と褒めてくださったとか!!!

もう天にものぼる気持ちです。とてもうれしい。

「結構、やりたいことがあってもお金がないからとあきらめちゃう人が多いんです。
でも、あのセミナーでは、『ちゃんと目的達成のためにお金を貯めよう』っていうメッセージで、とても勇気付けられました」

と。

うーん、ありがとう。
こういう言葉を聞くと、本当にうれしい。




修行!修行! | comments(0)
「部屋代(差額ベッド代)はいただいていません」という二次救急医療機関のありがたさ
以前、「差額ベッド…払うべき条件と現実の乖離」というタイトルで書いたことがある「差額ベッド」の件。
これについては「説明がちゃんとなされ、患者が同意(署名)しない限りは払う必要はない」という事実は変わりません。最近も日経新聞であらためて記事になっていました。

私もその後あらためて考える機会もないまま日々を過ごしていましたが、実は9月に長男(4歳)が難病の疑いで5日間ほど入院することになり、あらためて直面。

しかし、なんとそこでは、「小児科病棟の場合は、部屋代も差額ベッド代もいただいていません」という説明。
その説明を受けるまでは、「限度額適用認定証をすぐにもらわないと…」とかいろいろ頭の中をぐるぐるしていましたが、
へえええ、そんなところもあるのねぇ!なんてありがたい!
と、とても拍子抜けしてしまいました。
ちなみに我が市は、中学生以下は入院治療費は基本的に無料。
なので入院時にかかるお金は、食事代やTVカードなどなど、ほんとうに微々たるもの。

幸いにも、難病の疑いも晴れて元気に退院できたので、たった5日ですみましたが、なんか本当にありがたかったです。
こういう経験をすると、月々結構な額を払っている社会保障費も、困った人のためには役に立っているのかな…と思うことも。

ちなみに、今回の入院先は、かかりつけ医からの紹介状があって初めてかかることができる「二次救急」。
急に行っても診てもらえない病院で、出来た当初は「すごく暇そうなくせに、偉そうな病院だな」などと思っていた私ですが…
多分、患者からの医療費等に頼らずともなんとかできる仕組になっているのでしょうかね。

JUGEMテーマ:入院



翻弄されるライフプラン | comments(0)
20代のファイナンシャルプランセミナー
先日、とうとうやりました!
20代の方、30人ちょっとを対象とした「20代のファイナンシャルプランセミナー」。
やらせていただきました。
全部で2時間という中、
・これからの時代におけるファイナンシャルプランの重要性
・給与明細の見方=社会保障制度の基礎知識
・貯蓄・保険の考え方
・最後にキャッシュフロー表の作成
というなんとも盛りだくさんのプログラム。

参加される方の基本的な知識がどの程度なのかもよくわからない中、お話しさせていただきまして…
準備した内容はほぼ満点でお話できたものの、あれがニーズに即していたのかはまったく手探り。
もうちょっと経験を積みたいなぁと思った次第です。
その日は、その後はもうクタクタで、家に帰ってからもバタンキューに近い状態でした(笑)。

今まで自分と同年代や、育児中のママさんなどを対象としてお話しすることがほとんどだったのですが、やっぱり20代の視点になるとまた違った点が重要なトピックになってきます。
特に、本番前々日に気付いたのが、年金受給資格が25年から10年になることに伴って時限的に導入された「年金保険料の後納制度」。これに触れないと!!と思いました。
20代の人で、もしも学生時代に年金保険料を払っていない人がいたら、これはチャンスですもんね。
私みたいな40代に入った人間にとってみたら、学生時代未納だったとしても、10年前にさかのぼってももう…とほほ。
もちろん、10年以内に未納があれば、何歳の人でも活用できる制度ですが、サラリーマン相手に話をする場合はやっぱり学生時代の国民年金を納めていたか否か、ってのが話題になるしね…

今回、がんばって準備したのですが、これがご縁で、また何かどこかでできたらうれしいなぁと思っているわたしでした。

JUGEMテーマ:お仕事



修行!修行! | comments(0)
社員向けライフプラン講座
もしかするともしかして、社員向けのライフプラン講座の講師をやらせてもらえるかもしれない!

勤め先では、近年、年代別のライフプラン講座を始めている。
講師は外注だったのだけれど、講座の後の実際のフォローがなかなか難しいという話があった。
人事の研修担当の人とお話ししていたときに、ちょっとだけ、自分がFP資格を持っている話をしたら…

「今度、講師、やってみない?」って!!!

まだ決まったわけではないけれど、とてもありがたいお言葉だった。

久しぶりに俄然やる気が出てきましたよ!

JUGEMテーマ:お仕事



修行!修行! | comments(0)
1/29 >>



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。-


    -counter-
    ブログパーツUL5




    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Design by Tea